バタフライアブスの使い方は?つける場所や充電時間などについて!

バタフライアブスの使い方は?つける場所や充電時間などについて!

筋トレをしたくない人に向けて、貼るだけで筋トレ効果が得られるという便利グッズのバタフライアブス。

『バタアブでどこでもながら腹筋』のキャッチフレーズでおなじみですが、具体的なバタフライアブスの使い方がどうなっているのか気になっている人がいると思います。

 

そこで、この記事では、バタフライアブスの使い方、つける場所や充電時間などについてお伝えしていきます。

 

バタフライアブスの使い方は?

バタフライアブスのスターターキットを購入したときについてくるのは、以下のもの。

  • バタフライアブス本体
  • ゲルパッド×2枚
  • ACアダプタ
  • USBケーブル
  • 取扱説明書

これらはバタフライアブスを使うときに必要となるので、紛失しないように気をつけましょう。

 

バタフライアブスは充電する必要があるので、あらかじめ充電しておくのが良いでしょう。

また、充電しておくことで使用中に電源が切れてしまうことを予防できます。

 

バタフライアブスの充電時間は?

バタフライアブスの充電時間は約2時間となっていますが、場合によっては3時間程かかることがあります。

バタフライアブスの充電方法は2通りあります。

  1. ACアダプタを使ってコンセント経由で充電
  2. USBケーブルを使ってパソコンなどから充電

バタフライアブス本体とACアダプタかUSBケーブルを接続することで自動的に充電が始まります。

充電しているときは、バタフライアブス本体中央にあるランプがオレンジ色のランプが点滅します。

 

充電が完了すると、オレンジの色が緑色になって点滅します。

つまり・・・。

  • オレンジ⇨充電中
  • 緑⇨充電完了

このようになります。

充電中にはバタフライアブスを使わないようにご注意ください。

 

バタフライアブスをつける場所は?

バタフライアブスはほかのグッズとは異なり、つける場所は好きなところというメリットがあります。

バタフライアブスと似たようなグッズにシックスパッドがありますが、それは腹筋専用として作られています。

 

対して、バタフライアブスは腹筋だけでなく、たるみやすい二の腕や太もも。

脇腹などの自分が気になる部位につけることができます。

 

好きな場所につけられるとは言っても、粘膜部位や心臓の近く、首から上には使わないようにしましょう。

 

バタフライアブスは寝ながら使える?

バタフライアブスは”ながらトレーニング”のグッズとなっています。

そのため、寝ながらでも使用可能となっています。

ただし、寝ながらというのは睡眠中というわけではありません。

 

バタフライアブスは安全なトレーニング器具なので、睡眠時に使っても理論上は問題ありませんが、万が一のことを考えると睡眠時の使用は控えた方が良いでしょう。

そのため、ご自宅でリラックスしているときやちょっと疲れて横になっているときに、バタフライアブスを使うのが良いでしょう。

 

また、食後に眠くなって横になったときに使用すると、消化不良の原因となるので、使用する際はご注意ください。

 

バタフライアブスは連続使用してもよいの?

バタフライアブスを使うときに気をつけるべきことがあります。

それは、連続使用です。

バタフライアブスは同じ部位に連続で使うことが推奨されておらず、同じ部位に使うのは、5時間以上の間隔を開ける必要があります。

連続使用をすると、筋肉が損傷してしまう危険があります。

 

バタフライアブスの取扱説明書にも、連続使用は避けるように記述されています。

それを無視すると、バタフライアブスで副作用のような症状が出てしまう可能性があります。

 

バタフライアブスの使用頻度

バタフライアブスは毎日同じ部位に使用しても問題ありませんが、先ほどもお伝えしたように同じ部位への連続使用は控えるようにしましょう。

もしも、筋肉痛がひどい場合は、筋肉痛が取れてから使うようにしましょう。

 

バタフライアブスにデメリットはあるの?

バタフライアブスは貼るだけでどこでもながらトレーニングができますが、デメリットはあるのか。

結論から言ってしまうと、確かにデメリットは存在します。

 

バタフライアブスのデメリットとして最初に言えるのはパッドが消耗品ということ。

バタフライアブスはパッドに装着して体に貼り付けることで効果を発揮しますが、ゲルパッドが消耗品のため、定期的に買い換える必要があります。

 

使用回数の目安として30回と言われているので、1日1回使用すると考えた場合は1ヶ月分ということに。

ランニングコストが必要になるというのが一つ目のデメリットです。

 

2つ目は一度に全身を鍛えることができないということです。

バタフライアブスで鍛えられるのは貼り付けた部位とその周囲となるので、一度に全身を鍛えることができません。

 

なので、お腹と太ももを鍛えたいと思っている場合はどちらかを優先して貼り付ける必要があります。

そのため、全身を鍛えようと思った場合は時間が必要になるということです。

 

バタフライアブスのデメリットを2つ確認していただきましたが、実はこれらはほかのEMSグッズでも同じことです。

EMSグッズとして有名なものにシックスパッドがありますが、それもパッドの寿命が約30回となっています。

 

つまり、バタフライアブス特有のデメリットが存在しているわけではないということになります。

むしろ、ほかのグッズとは異なり気になる部位をピンポイントで刺激できるというメリットがあります。

 

バタフライアブスの効果的な貼り方

バタフライアブスの効果を少しでも高めるための効果的な貼り方についてお伝えしていきますので、バタフライアブスを使うときの参考にしてみてください。

 

バタフライアブス腕

二の腕のたるみが気になって引き締めたい場合は画像のように、腕を包みこむよう横向きにバタフライアブスを貼りましょう。

二の腕は日常生活で使うことが少ないため、たるみやすいのでバタフライアブスで鍛えておくと引き締まったほっそりとした二の腕を実現できます。

 

バタフライアブス太もも

太ももに貼る場合も腕と同じようにペタとそのまま貼り付けて問題ありません。

太ももの筋肉は体の中でも特に大きいので、基礎代謝の大きな向上が望めるので、鍛えておいて損はありませんよ。

 

バタフライアブスで太ももを鍛えると、太くなるかもと心配になるかもしれませんが、実が筋肉がつくと引き締まります。

 

バタフライアブス脇腹

腹筋だけでなく、気になる脇腹のお肉。

腹筋を引き締めるためには正面だけでなく、お腹の横も鍛える必要があります。

脇腹を鍛えるトレーニングは自宅でやるのは大変ですが、バタフライアブスを使えば簡単に鍛えられます。

 

バタフライアブスお腹

バタフライアブスをお腹に貼るときはへその下ではなく上に貼るようにすると効果的です。

公式サイトではへその下に貼り付けてありますが、それだと腹筋を効率よく刺激できません。

上記の画像だと、バタフライアブスがへその下に貼り付けてありますが、これだと下腹部を刺激することができますが、いわゆるシックスパックを作りたい場合はへその上に貼りましょう。

 

全ての部位に共通している効果的な貼り方

バタフライアブスを貼り方で全ての部位に共通している効果的な貼り方があります。

筋肉を縦にしてバタフライアブスを横に貼ります。

 

例えば、腕を例にとります。

画像が、バタフライアブスを横に貼り付けてあるということになります。

バタフライアブスの両羽の部分を筋繊維の方向に対して縦に貼り付けてしまうと、筋肉を上手に収縮させることができないため、トレーニング効果が薄れてしまいます。

 

それだけでなく、痛みにも繋がってしまい思わぬ怪我に繋がる可能性があります。

 

バタフライアブスのパッド手入れ方法は?

バタフライアブスを使うときに重要となるのがジェルパッド。

このジェルパッドがなければ、筋肉を刺激することができません。

そして、ジェルパッドは消耗品となっているので、適切に手入れをしておかないと、すぐに傷んでしまい、買い替えの手間が増えてしまいます。

 

パッドを1日でも長持ちさせるために大切なことは、粘着力を保つことです。

肌に密着することで電気の刺激が筋肉に伝わりやすくなるので、粘着力を保つように心掛けましょう。

 

具体的にどうすれば良いのかというと・・・。

  • ほこりやゴミがつかないように気をつける
  • 濡れた肌に使わない
  • 化粧品がついている皮膚には使わない
  • 剥がすときは丁寧にする
  • 清潔な肌に使う

このようなことに注意しましょう。

ジェルパッドには透明のシートがついていますが、あれはほこりやゴミがつかないように保管するために必須なので、無くしたり捨てないように気をつけましょう。

 

また、皮膚から剥がすときは勢いよくやってしまうと、粘着部分が肌に残ったり、破ける可能性がありますので、丁寧にゆっくりと剥がすように心がけましょう。

 

バタフライアブスのプログラムとは?

バタフライアブスの使い方はシンプルですが、トレーニングにバリエーションを持たせるためにトレーニングプログラムが複数用意されています。

  1. 初心者ウォームアップ(20分)
  2. 中級(25分)
  3. 一般的な腹筋強化(30分)
  4. 上級腹筋クランチ(40分)
  5. コアブラスターミックス(30分)
  6. エキスパートアイアンミックス(30分)

上記6つのトレーニングプログラムが用意されています。

そして、各プログラムごとに強度が1〜10まで設定できるようになっているので、自分の筋力に応じたトレーニングが選びやすくなっています。

 

バタフライアブスの使い方ですが、運動する習慣がない場合は初心者ウォームアップのプログラムから取り組み始めるのが良いでしょう。

 

バタフライアブスの使い方は?つける場所や充電時間などのまとめ

今回はバタフライアブスの使い方についてお伝えしました。

見た目は小さいですが、6つのトレーニングプログラムと10段階の強度が用意されているので、自分の筋肉のレベルに応じて鍛えることができます。

 

効果的に使うためには、貼り方に気をつけるようにして、筋肉に対して縦にするのではなく、横に貼るようにしましょう。

また、パッドは消耗品となっているので、ホコリやゴミが付着しないように丁寧に扱うことで、少しでも長持ちするようになります。

 

 

バタフライアブスは口コミでも人気が高いグッズとなっています。

自分の好きな部位をピンポイントで鍛えられますし、何かをしながらトレーニングできるので、お好きな時間に使用して理想のボディを手に入れましょう!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。